自分を大切にして承認欲求に惑わされない!!

眺め

ちょっと前にテレビで承認欲求のテーマについて語る番組をやっていて

、その中で、現在の社会では

「好きなことで仕事をしていないといけない。」

という風潮があって、それができてない人が

「好きな事で仕事をしてない自分はダメなんだ。」

と思わなければならなくなっていると言っていた。・・・ 確かにそう

いう風潮はあると思う。だからこそ、みんな

「自分の好きなことってなんだろう?」

としきりに自分探しを始めているのではないだろうか?僕自身も、就職

活動を行った頃は、自己分析とかどこか世間体というか人からどう思わ

れるだろうか、というようなことを少なからず気にしていた気がする。

だからかもしれないけど、会社に入ってしばらくは本当に仕事がつまら

なかったし、社会人になってもずっと自分探しをしてあがいていた。自

己啓発本に逃げていた。 今でも思い出すのが、取引先へ営業に向かうた

め東京駅近くの通りを歩いていた時に、不意に

「兄ちゃん、大変そうだねぇ~。がんばってな。」

と声をかけられたことがあった。声をかけてきたのは、トラックで休憩

していた工事現場のおっちゃんだった。僕は普通に歩いているつもりだ

ったのに、歩いている自分の姿は相当辛そうだったのか、傍からみると

そんな言葉をかけられるほど悲壮感漂わせて歩いていたのかと思うと、

恥ずかしいような、情けないような、そんな気持ちになったことを覚え

ている。自己啓発系の本を読んでは自分の好きなことは何か、自分の強

みは何かとか考えたり、会社辞めるために資格の勉強してみたり、転職

活動を検討してみたり・・・と、なかなか答えが出ないまま同じ質問を

自分の頭の中でぐるぐると何度も繰り返して、あがきながらここまで生

きてきた。 ただ、幸いにして自分が好きなことは何となくこういうこと

だということに気がつけて、そしてその好きなことをいかに日々の仕事

の中でやっていくかを考えだしたら、いろいろな気づきを得ることがで

きて視野が広がっていったから、そこからは仕事が本当に面白くなって

いった。いわゆるブレイクスルーだったのかなと思っている。ただ、今

でもこのままでいいのか・・・もっと情熱が燃やせることがあるんじゃ

ないかとか悶々と考えることもあるけど(笑)

同じ職場の先輩で、常に上司の目線を気にしすぎて少し情緒不安定にな

っている人もいる。その先輩は僕より1個年上で、仕事も早くて優秀な

人だけど、プライドが高すぎるところがあり、上司からダメ出しをもら

うとすぐに凹んで「俺はできない人間だからさ・・・」と愚痴を言い始

める。仕事もすべて「上司がこういうだろうから・・・」とかすべて上

司の顔色を見ながら仕事をしているようだ。そして上司の要望通りに事

が進んでいかないと周りに対して切れる。うまく事が進まないことで上

司から何か言われるのが嫌だから。この先輩の場合は、先輩の上司のあ

り方や先輩自身の考え方、性格の問題もあるのかもしれないけど、ひと

つ言えることは、自分を大切にできてないということだと思う。自分を

大切にできてないから、自分を責め続けるし、自分ではなく上司を一番

に考えて行動してしまう。自分を大切にできないから、人に思いやりが

もてず、感情のままに周りに激しくあたったりしてしまう。

人からの承認欲求が強すぎて本当に苦しんでいる人は多い気がする。承

認欲求に振り回される人は自分自身を大切にできていないんじゃないだ

ろうか?承認欲求に振り回されて疲弊している人は、もっと自分を大切

にすることが必要なんだと思う。良い自分も、悪い自分もすべてを受け

入れる。まずそこができて本当のスタートができる気がする。自分を大

切にすることや承認欲求に振り回されないことについてとても参考にな

る本があって、加藤秀視さんの『自分を愛する技術』とか、長倉顕太さ

んの電子書籍『不正論』がおすすめ。人生の教科書・参考書だと思う。

人生一回!! 一日一日を楽しみながら、あがき続けていきたい。

4 件のコメント

  • ストーリーがわかりやすくてすんなりと入ってきました(^-^)
    自分を大切にして、自分を愛して、自分で自分を認めてあげたら、人からの承認欲求なんて気にならなくなりそうですよね(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です